開催場所 福島市男女共同参画センター ウィズもとまち

開催日時 平成29年7月6日(木)13時30分

出席者数 19名(企画運営委員9名  事務局10名)

1 開  会

2 あいさつ 県文化スポーツ局スポーツ課長 佐藤 弘樹

3 出席者自己紹介

4 委員長、副委員長選出

5 報告事項 

(1)平成28年度うつくしま広域スポーツセンター事業報告について

(2)平成28年度うつくしま広域スポーツセンター収支決算について

(3)平成28年度うつくしま広域スポーツセンター企画運営委員会の報告について

(4)平成29年度うつくしま広域スポーツセンター事業計画について

(5)平成29年度うつくしま広域スポーツセンター収支予算について

(6)県内総合型地域スポーツクラブ設立状況について

6 協議事項

    (1)人材育成事業について

    (2)エリアネットワーク事業について

    (3)各種団体連携事業について

    (4)その他

7 その他

   第2回企画運営委員会について

8 閉  会

<会議の概要>

 7月6日、平成29年度第1回企画運営委員会を開催し、9名の委員の出席しました。始めに、今年度の委員長に鈴木浩一氏(福島陸上競技協会会長)、副委員長に森崎俊紘氏(県トライアスロン協会顧問)、佐藤靖弘氏(一般社団法人福島県総合型スポーツクラブ連絡協議会理事長)が選出されました。鈴木委員長の挨拶では、本委員会参加の団体、及び、その他のスポーツ団体が連携し、県内のスポーツを盛り上げていきたい旨の言葉が述べられました。また、議長には鈴木浩一委員長が選出され、議事が進められました。

報告事項では、事務局より上記(1)事業報告など6項目について報告がありました。(6)県内総合型地域スポーツクラブの設立状況では、委員の方から休止クラブ、経営が順調なクラブについて質問があり、事務局からは休止にならないためにも、順調であるためにも、クラブ運営には人材発掘・育成が不可欠であることが述べられました。

協議では、人材育成事業、エリアネットワーク事業、各種団体連携事業等で指導者等の様々な人材が必要とされている現状を踏まえ、委員から、スポーツ指導者協議会などの各団体と連携し優秀な人材を活用していくことが必要であり、また総合型地域スポーツクラブの指導者も積極的に各団体へ協力していくことが大切であるという意見も出されました。

その他の事項では、地域住民の健康維持・増進、体力の向上を目的とした活動の充実のために、各団体の取り組み等について意見交換をしました。誰もができる「ゆるスポ」「ちょいスポ」「ニュースポーツ」の実施、日頃からのコミュニケーションづくり、指導者の意識改革など、様々な手立てや今後やるべきことが再確認でき、総合型地域スポーツクラブの取組みとして参考になるものばかりでした。また「うつくしま広域スポーツセンター」の名称変更についても提起されました。

最後に事務局より次回の開催を11月中旬に予定していることが告げられ、閉会となりました。

鈴木委員長の適切な指名で、9名全ての委員の方々から御意見をうかがうことができ、今後の事業に対するアドバイスをいただくことができました。