日  時:平成29年10月26日(木)  
視 察 先:NPO法人かがみいしスポーツクラブ
参加者数:8名

 

【研修の概要】  

 10月26日に会津地区エリアネットワーク事業視察研修が行われ、地区からは4クラブ8名の関係者が参加しました。今年度は、多彩なスクールやサークル、イベントの運営方法や、町のスポーツ振興に関わる事業を委託される経緯や行政との関わりに精通している「NPO法人かがみいしスポーツクラブ」を視察しました。

< NPO法人かがみいしスポーツクラブ >
 クラブマネジャーの稲田氏より、設立の経緯、NPO法人格取得、活動拠点、活動内容、事業受託等、説明していただきました。
 かがみいしスポーツクラブは、平成21年に設立し、平成24年に法人格を取得しました。鳥見山陸上競技場内にクラブハウスを構え、同施設はもちろん、近隣の施設でスクールやサークル、イベントを数多く企画・運営しています。町のスポーツ振興に係わる事業は、当クラブに委託されているものが多く、行政や町民からの信頼が厚いクラブです。佐藤理事長は、福島県総合型スポーツ
クラブ連絡協議会の理事長を務められていて、県の総合型スポーツクラブ全体をリードしていただいております。
 各クラブの参加者からは、自主財源の確保、職員の役割、スクールやサークルの内容、謝金の相場、会費の集金方法、賛助会員のメリット、他団体との連携、指定管理等の質問が出されましたが、佐藤理事長と稲田マネジャーに分かりやすく回答していただきました。
 特に、参加者の関心が高いテーマは自主財源の確保で、佐藤理事長からは、行政とのつながりが大切であるとの回答がありました。その際の留意点や行政に事業提案をする方法や時期について詳しい説明がありました。

 行政との連携の重要性について大変参考となりました。

プロジェクターやプロジェクターや資料を使って、倶楽部の概要について説明していただきました。

各クラブの参加者からも質問が多く出され、有意義な意見交換の時間となりました。

 午後からは、鳥見山陸上競技場を視察させていただきました。また、実際に施設を見ながら「ジュニア陸上教室」や「キッズ陸上教室」の様子や活動会費の設定の仕方等、お話を聞くことができました。

 今回の視察研修は、視察先が同じということで南会津地区と合同になりました。かがみいしスポーツクラブでの研修はもちろん、昼食会場も一緒にしたことで、貴重な情報交換の機会にもなりました。クラブ同士の横のつながりが大切だということを改めて感じさせられる視察研修となりました。