うつくしま総合型スポーツクラブユニオン交流事業
【2日目】「NEWSPORTSを満喫しようin西郷村」

   
○ 期 日  平成25年9月1日(日)
○ 会 場  西郷村民体育館及び周辺施設
○ 種 目 

パークゴルフ、グラウンドゴルフ、スナッグゴルフ、史跡巡り

 うつくしま総合型スポーツクラブユニオン交流事業2日目として、交流大会が西郷村体育館を中心に周辺施設で開催されました。昨年度の柳津町での大会に引き続き、県ユニオン自主事業として2回目の開催となりました。本大会は県ユニオン常任理事会での県中・県南地区開催の決定を受け、例年交流大会を合同で開催している県中・県南ユニオンの実行委員が中心となって大会が運営されました。その中でも、西郷村の西の郷スポーツクラブには主管クラブとして、大会成功に向けて協力していただきました。
 当日は269名の参加者がパークゴルフ、グラウンドゴルフ、スナッグゴルフ、史跡巡りに分かれ、好天候の下でそれぞれの活動を楽しみました。

 
1.開会式   
うつくしま総合型スポーツクラブユニオン
県ユニオン会長 中島道男
うつくしま広域スポーセンター
センター長 廣瀬 敬彦
西郷村
村長 佐藤 正博

県ユニオン役員
県中・県南実行委員
  全体集合写真

2 種 目
 (1)パークゴルフ

   

西郷村「太陽の国」において、各地区より47名の方が参加してパークゴルフが行われました。
コースはショート、ロングコースと工夫がされており、難しいコースでは互いに攻め方のアドバイスを掛け合ってプレーする姿が見られました。

 

パークゴルフの用具です。
ゴルフクラブの1Wのようなクラブ1本と木のボールを使用します

 

第一打は、台の上から打ちます!
ナイスショットの声があちこちで聞かれました。
  

ロングコースでは、打つ強さと方向が難しそうでした。

パットも同じクラブで打ちます。
カップ近くで微妙に変化することもありました。

(2)グラウンドゴルフ    

西郷村民野球場サブグラウンドでは、16名が参加してグラウンドゴルフが行われました。
西の郷スポーツクラブスタッフの入念なグラウンド整備により、大変素晴らしいコンディションでプレーすることが出来ました。
大会の後半には、お互いの良いプレーを讃え合ったり、冗談が飛び交うなどグラウンドゴルフを通じて交流を深めることが出来ました。
最後には、再度共にプレーすることを約束して楽しい一時を終えました。

 
審判の方々!暑い中ありがとうございました。
参加者は適度な緊張感の中でプレー!

参加者が注目する中、プレッシャーがかかる大事な
一打。集中です!

真剣な様子が伝わってきます!
競技時間目一杯プレーを楽しみました!

(3)スナッグゴルフ

   

グランディ那須白河CCでは、16名の方が参加してスナッグゴルフが行われました。
青い空に緑の芝生がよく生えるすばらしい環境の中で、思い思いのプレーを楽しんでいました。

 

スナッグゴルフの会場である、グランディ那須白河。

スナッグゴルフは、1つのコースを3つに区切って行います。

クラブはウッドとパターの2種類を使います。

(4)史跡めぐり

   
村民体育館からの往復4kmのコースを、参加者165名が1時間半かけてゆっくりと歩いてきました 。
途中の小田倉神社では西郷村の歴史や小田倉神社の岩に彫られた仁王像や狛犬等についての説明を学芸員から受け、西郷村の歴史の一端に触れることができました。
 
 
 

川沿いの涼しい風を受けながら参加者全員、元気にウォーキングを楽しみました。

 

 

3 交流会

   

閉会式後には交流大会として、実行委員会から豚汁とキュウリ漬けがふるまわれ、参加者は昼食を取りながら交流を深めました。