平成25年度 第4回会津地区総合型スポーツクラブユニオン

1 開催場所 会津稽古堂 第1研修室
2 開催日時

平成25年12月13日(金)15時00分〜17時30分

3 出席者数 17名(9クラブ)
4 会長あいさつ 福西俊之氏(会津地区総合型スポーツクラブユニオン会長)
5 自己紹介  
6 クラブ経営支援セミナー

(1)会津地区総合型スポーツクラブの現状
(2)今後の会津地区総合型スポーツクラブの方向性
(3)質疑応答

 

〔コーディネーター〕
クラブアドバイザー板垣氏

 

7 協議

(1)会津地区交流イベントの検証について
(2)その他

 
8 情報交換  
9 会議の概要  
今回のユニオンは、クラブアドバイザーの板垣氏をコーディネーターとして研修会を実施しました。板垣氏よりアフターtotoに向けての課題や助成金の活用の仕方についての説明があり、パネラーとなった3クラブの代表へ質問しながら進める形式で行いました。パネラーとなった代表は、「クラブの最大の課題」「具体的ビジョン」「モチベーションを高めるための方策」などについて、クラブの財務状況や自身の経験から意見を述べました。クラブの設立方法や運営方法、行政との連携方法などが異なるために、課題となることはクラブごとに違いますが、その中での共通点として、アフターtotoに向けた自主財源の確保が挙げられました。板垣氏からも事業性と公共性の重要性についての説明があり、事業性を高めるために受益者負担による定期プログラムの必要性を述べられました。

〔パネラーの皆さん〕
会津美里クラブ衆の冨田氏(右)
スポーツクラブバンビィの二瓶氏(中央)
謹教スポーツクラブの星氏(左)

 参加された方々は、それぞれのクラブの現状を考えながら説明を聞いていました。パネラーとなった方々は、日常では十分に検討する時間がないクラブのビジョンや事業性などについて振り返り、新たな目標を設定できた機会となったと思います。パネラーの皆様、ありがとうございました。

 

真剣に話を聞くクラブ関係者の皆さん


あいさつされる福西会長

 イベントの検証として西会津SCの土田氏より
 町の声を話していただきました。

 

 協議や情報交換は、前田理事長に進めていただきました。

 スムーズな進行をしてくださった湯浅氏(事務局)